効果的なアンカーテキストを使った上位表示とは

けいです。

 

ようやく盆休みも終わって仕事再開するぞ!

と意気込んでいたら、下の子が熱中症にかかって
しまい昨日一日中ぐったりしていました。

 

熱中症は初めてだったので心配しましたが、
食欲も戻ってきて今日は元気に幼稚園にいってくれました。

 

熱中症、侮ってはいけないなって思いました。。

 

ということで記事書きます^^

 

今日のテーマは、アンカーテキストを使って上位表示する。

 

アンカーテキストの役割とは

アンカーテキストで上位表示

ほかのサイトからリンクしてもらうには、バナーリンクのほか
テキストリンクを使うという方法があります。

 

バナーリンクとは画像そのものがリンクになっていて、
テキストリンクとは文字をリンク設定して、それをクリック
するとリンク先のサイトへ飛ぶというものです。

 

上位表示をさせたいサイトやブログがある場合は、
バナーリンクではなくテキストリンクを使います。

 

アンカーテキストというはこういうものです。

<a href=”http://www.○○.com/” ><u>愛車 査定</u></a>

<a>と</a>に挟まれているのがわかると思いますが、
この場合、「愛車 査定」というキーワードで上位表示を狙います。

 

「詳しくはこちらから!」というアンカーテキストを使う人も
多いですが、SEOを意識するなら
リンク先のサイトに有効なキーワードを用いる
のがベストです。

 

私の経験上、サイトタイトル名やドメイン名でリンクするより
むしろ、キーワードでリンクするほうが上位表示されることが
多いと感じています。

 

アンカーテキストは、グーグルなどの検索エンジンの
クローラーにリンク先にあるサイトがどういうものであるか、
わかりやすく言葉で伝える意味があるんです。

 

だから、バナーリンクより効果的なのは明らかだといえますね。

 

ペナルティを受けないためのアンカーテキストとは

 

ならば、テキストリンクを貼りまくればいいのか。

 

いえいえ、それじゃ、不自然だと判断されペナルティを受けてしまいます。

 

なので、目安ではありますが

メインとなるアンカーテキスト40%
【例】車 査定

 

関連キーワード60%
【例】車査定はこちら、愛車の査定について、中古車査定など

 

ぐらいにしておくと極端なキーワードの偏りを避ける
ことができるのでおすすめです。

 

ここで注意してもらいたいのが、
メインサイトタイトルを変更した場合です。

 

例えば

車査定サイト→ バイク買取サイト

にしたとき、アンカーテキストがそのままの「車査定」だったら
検索エンジンはどちらを信頼すればいいかわからなくなるので
バイクも車も両方とも上位表示されないということになります。

 

なので、サイトタイトルを変えるなら、被リンクブログやサイトの
アンカーテキストも変更することを覚えておくといいですよ^^

 

数あるアダルト商材でもより初心者が成果を出しやすい

AXT(アダルトアフィリエイトで稼ぐ初心者向けの丁寧な方法)レビュー

 

時間のない人にとっては楽な運営でお金をつくっていける贅沢なノウハウ

超神龍レビュー

 

YouTubeならコレ!最近また成果報告が届いている

エビルユーチューバーレビュー

 

ではでは。

けいでした。

 

けいが実際に稼いでいるノウハウや方法を具体的にお教えします。
目から鱗な情報も盛り沢山ですよ♪

けいのメルマガ講座

・気になる商材があるけど詐欺かどうか知りたい
・商材選びで困っっている
・詐欺商材ばかり掴まされている
・ネットビジネスを始めたいけど何からすればいいかわからない
・ネットビジネスでなかなか稼げない

ひとつでも当てはまったら気軽にメールください。
些細な相談や質問もまってまーす♪

お問い合わせはコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

オススメ無料コンテンツ♪

時間のない人がサクサクと投稿して成果を得る

業界初の強力拡散ツール!

成果を出す人次々と…

大規模な海外市場で稼ぐ!英語ダメでもOK

王道アフィリエイトをゼロから学ぶなら

コピペとクリックで稼ぐ新感覚YouTube系ノウハウ

大きく稼ぐなら絶対このジャンル

2つのツールを使って稼ぐアダルトアフィリエイト

このページの先頭へ