ネイバーまとめはなぜ上位表示できるのか?

けいです。

 

前回の記事でもちらっと書きましたが、

コピーコンテンツが集まったネイバーまとめや2チャンネルまとめが上位表示できているのはなぜか?

 

常識的に考えると、コピーコンテンツが集まってるサイトって
検索エンジンからペナルティを受け、圏外にすぐに飛ばされそうですよね。

 

ふつうのブログでやったら間違いなく圏外ですww

 

ですが、高く評価されて上位表示されている
記事が多いのはなぜなのでしょうか?

 

このことについて考えてみます。

 

ネイバーまとめと2チャンネルまとめの上位表示はGoogleに優遇されているから?

 

Naverまとめは、もともとは韓国の企業です。

 

過去に著作権などのトラブルもたくさんあって、
グーグルからアドセンス広告の停止も受けたこともあるようですが、
検索エンジンでは上位表示されていますね。

 

また、2チャンネルまとめは、大元の2chから無断で記事を
転載している個人でのサイト運営が多く、
“Theコピーコンテンツ”といっても過言じゃないくらいです。

 

こうしたコピーコンテンツサイトがオリジナリティ豊富な
ブログやサイトよりも上位にきているって
腑に落ちないなーって誰もが思っているんじゃないでしょうか。

 

ネイバーまとめや2チャンネルまとめが
なんだかGoogleから特別待遇を受けていると感じるのは
きっと私だけじゃないと思います^^;

 

裏でGoogleにお金を渡しているとかネット上で噂されている
みたいですよw

 

確かに検索エンジンを支配するGoogleは、特別に、
ある企業に操作して恩恵をもたらすことができます。

 

ですが、それをやってしまうとユーザーからの信頼を
損なってしまうので絶対にしません。

 

そういう理由から、あるキュレーションサイトやある掲示板のまとめだけを
Googleが特別扱いするのは考えられにくいですね。

 

ネイバーまとめが他のサイトよりも優れていることは?

 

考えられるのは

 

巨大なトラフィック

SNSなどで拡散されたり、被リンクを付けられることで
大量のアクセスが流れてきます。

トラフィックが多いというのは、つまり「ユーザーが求めるサイト」だと
Googleが判断します。

 

・コンテンツが豊富であること

コピーコンテンツであることは間違ないですが、
情報ひとつにしても詳しく載っているものが多く、
ユーザーにとって魅力的なサイトにみえるようです。

 

・ユーザーが長く滞在すること

アクセスの多さと、豊富なコンテンツがあれば
ユーザーの滞在時間も自然と長くなるものです。

ユーザーの滞在時間というのは検索エンジンが評価している
条件のひとつでもあります。

 

・被リンク数が膨大

ソーシャルブックマークされたり、SNSで拡散されるので
検索エンジンから高評価されます。

 

巨大なトラフィックや膨大な被リンク数の方が目立って、コピーコンテンツであるという問題がそこまで問題視されていない?って考えられます。

 

個人が意気込んで、Naverまとめのような巨大なキュレーションサイトを作るのはきっと難しいでしょう。

 

この先、キュレーションサイトを使って稼ぎたいなら、ちょっと切り口を変えて、
特化型のキュレーションサイトとブログを使って稼ぐという
方法もあります。

 

他のキュレーションサイトと差別化するには、特化型キュレーションサイト
今からの時代、有効かなって思います。

 

詳しくは別の機会に。

 

PR: 新2ちゃんねるまとめアフィリエイトのレビューはコチラ

 

ではでは。

けいでした。

 

けいが実際に稼いでいるノウハウや方法を具体的にお教えします。
目から鱗な情報も盛り沢山ですよ♪

7191

 

 

・気になる商材があるけど詐欺かどうか知りたい
・商材選びで困っっている
・詐欺商材ばかり掴まされている
・ネットビジネスを始めたいけど何からすればいいかわからない
・ネットビジネスでなかなか稼げない

ひとつでも当てはまったら気軽にメールください。
些細な相談や質問もまってまーす♪

お問い合わせはコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

オススメ無料コンテンツ♪

時間のない人がサクサクと投稿して成果を得る

業界初の強力拡散ツール!

成果を出す人次々と…

大規模な海外市場で稼ぐ!英語ダメでもOK

王道アフィリエイトをゼロから学ぶなら

コピペとクリックで稼ぐ新感覚YouTube系ノウハウ

大きく稼ぐなら絶対このジャンル

2つのツールを使って稼ぐアダルトアフィリエイト

このページの先頭へ